軽すぎる片手鍋は逆に不便だったので買い替えたい

安い片手鍋を買ったら、バランスが悪くて自立しないのですごく不便でした。

やっぱりある程度重さがあって、しっかりした鍋じゃないと不便だなということがわかりました。

今は買い替えを検討しています。

以前にスーパーに行った時に、売り出しで1000円のガラスの蓋付きの片手鍋が売っていました。

作りもしっかりしていてアルミの鍋部分も薄いので、火が通りやすく便利そうだと思ったので、迷わず購入しました。

しかしその後で使い始めてみると、重さのあるガラス蓋を乗せている時は鍋が自立するのですが、ガラス蓋を取って、しかも鍋の中身が空の状態だと取っ手の重さに負けて鍋がひっくり返ってしまうことがわかりました。

それでも鍋の中に、味噌汁やスープを入れていれば液体の重さで自立します。

せっかく買ってしまったので、と思ってだましだまし使っていました。

しかしその後引っ越しをして、引っ越し先の新しいガスコンロは空焚き防止機能で真ん中にバネで引っ込むボタンがついているタイプでした。

そうするとこの軽い鍋は、ボタンのバネの力に負けてしまってますます自立しなくなってしまいました。

そして決定的だったのは、鍋に味噌汁を入れて出来上がった後、お玉で味噌汁の中身を作っていた時です。

味噌汁の中身が少なくなった状態で軽くなって、ガスコンロのボタンの力に負けて鍋がひっくり返って、中に少しだけ残っていた熱い味噌汁を足にかぶって火傷してしまいました。

そんなことがあったので、もちろん深く考えずに買った自分が悪いのですが、新しい片手鍋を探しています。ミュゼ 980