カフェでドラマではよくある事案に遭遇しました。

近頃、カフェでコーヒーを飲んでいたら、ウェイトレスのママが転んで、お盆の上にのせていたコーヒーをぶちまけてしまいました。しかも運が悪いことに、勤め人のオッサンが肩の上に。いやあ、驚きましたね。ドラマや漫才の中ではよくあることでも、実生活の中では、ほとんど遭遇しないキャリアだ。これはドラマのワン事態かと思いました。おっちょこちょいのキャラクターが、パート未来で大挫折という光景。コーヒーをかけられた勤め人は、謝り積み重ねるウェイトレスを前にして、怒りたいけど、怒れないという微妙な品行。とにかく、敢えてじゃないのですから、憤ることはできないですよね。店主のパーソンがアッという間にやってきて、詫び、そしてキャッチボール。ケア価格として稼ぎで弁償するか、汚れたアパレルを現にケアに出してきれいにして戻すか、どちらがいいかをゲストに決めて味わうのです。勤め人のパーソンはケアに現す奴を選びました。なるほどそういったふうに解決するのですね。ドラマではここまでは描かれないので、感心してしまいました。酵素ドリンク 何処で買える