アメリカが不参加表明予定のTPPの批准を日本はなぜ急ぐのかという疑問

アメリカが不参加だとTPPは成立しないのですが、それを知りながらいつでも参加OKとばかりに国会で批准してしまった日本政府のやり方にどこかしら怪しげな部分を感じたのですが、日本はとりあえずアメリカに貸しを作っておきたかったのではないかと思います。
頼まれたことを実行した証が欲しかったのだと思います。約束を守ったという証があれば今後の日米交渉を有利に運べるとでも思ったのでしょう。
アメリカと約束したことや頼まれたことをしっかり遂行しないと、後から何をされるか分からんというのが今の日本の立場だし、TPPはなくなりましたのでもう批准の必要は無いと言ってしまえば、これまでの苦労は何だったのかと、また農業団体をはじめ各業界団体からの批判の矢面に政府が立たされるのは目に見えているのでそれも避けたかったのでしょう。
とりあえずうやむやのまま批准して後は様子を見ながら、悪いのは急に方針転換したアメリカなのだとアメリカに責任を押し付けるつもりなのかも知りません。
ただこれまでやってきた成果として批准しておくことで、TPP対策としてばら撒いたお金を回収しないでも済むし、そのお金は選挙対策の意味合いもあるので、なるべく渡したままにしておきたかった気持ちもよく分かります。すっぽん小町 取扱